独身時代のバストサイズはDカップで、小さいだの育乳だののバストの悩みは無縁でした。
ですが、長女を産んだらDカップあった胸がCカップに、次女を産んだらCカップだった胸がBカップに、長男を産んだら・・もう怖くて計測していないのですが、Bカップあるのかないのか分からないサイズにまで落ちてしまいました。
バスト全体がしょんぼり元気がなく、下垂してしまっていて、左のおっぱいの方が母乳の出がよかったせいで子供達に左ばっかり吸われたせいか、右のおっぱいの方が小さいんです。
自分の胸を見るたびに悲しくなる状況で、何とか育乳しようとヌーブラを試してみることにしました。
身に付けた瞬間から谷間ができますし、ヌーブラで常に下やワキの方に流れ出てしまっているお肉を中央部分にギュっと集めて谷間を作っていれば育乳になる、と読んだので挑戦してみることにしたのです。
水着用の3000円台のものから10000円台のものまで様々でしたが、6000円くらいの商品を購入してみました。
レビュー通り、つけた瞬間に谷間が!
ガランとしてた胸が一気に女らしくなって、すっっごく嬉しかったです!
色々付け方を研究してみて自分なりにベストな位置を探し、盛り盛りな毎日を過ごしました♪
でも、残念ながら、春先に身に付け始めたのですが、初夏の汗のかく量が増えだす時期になると身に付けている部分だけ赤い発疹がでるようになり、かゆくて②、皮膚科に通院してみたら、
「あせもですね。」
と、言われてしまいました。
通気性が悪いのが良くなかったようです。
私はアトピーもあり肌も弱い方なので、秋まで断念することにしましたが、ヌーブラの盛り効果と、贅肉は形状記憶の性質があるとの記事を読んだので、使い続けて、お肉を寄せ続ければ育乳効果も期待できると思います。

バストアップ

20代からだんだんと下に垂れてくるというバスト。

年齢を重ねるに従って自分のカラダの形をキープすることは難しいのですが、それはバストも同様です。

20代以降はバストを上げることと同時にバストを下げないケアが重要になってきます。

バストを下げないために大事なことは自分の>バストに合ったブラを身につけることです。

いまは可愛いデザインだけでなくバストの形も整えてくれるような優れたブラが多数あるので、自分のバストにぴったりのブラを選ぶことも難しくないでしょう。

ただ、それは起きている間の話です。眠っている間はどうでしょう。

眠っている自分にぴったりのブラを選んでいるでしょうか?

眠っている間は窮屈だからブラはつけない…、あるいはとりあえず日中と同じようなブラをつけて眠っている…そのままではバストアップどころか胸はどんどん垂れ下がってしまいます。

ブラは基本的に、下から上へとバストを上げるように作られていますが、これはお腹のほうから首の方へと一方向です。

ですが眠っている間のバストは主に腕の横方向へと下がっていき、また寝返りをうったりしていればますます横方向へと流れていきます。

普通のブラでは横方向まで強くカバーできませんし、ブラをしていなければ胸は横に垂れ下がりっぱなしです。

一般的な平均睡眠時間は6時間前後、つまり一日の約四分の一の時間は眠っているわけですが、どれだけ起きている間にバストアップのためのケアをしていても、この数時間の間ケアしないだけでバストの形は崩れやすくなり、日中のケアがリセットされかねません。

そこで寝ている間のバストのケアとしておすすめなのがナイトブラです。ナイトブラは胸が横方向に流れていくことを防ぎ(もちろん下からも上げています)、眠っている間もバストを支えるクーパー靭帯が伸びないよう、バストをしっかりと包んでくれます。

眠りを妨げないようゆったりとしたつけ心地のものが多く、寝苦しくなることもありません。

バストアップのために、寝ている間のバストのケアもばっちりしたいものですね。

デザインも可愛いものが多いのでお好みのブラを選ぶのも楽しいですよ。